楽天市場で使われているURLに気をつけよう

RMSに使われているURLを把握しよう

楽天店舗を構築する際のポイントとして「ページURL」があります。
楽天市場トップページのURLは「https://www.rakuten.co.jp/」で、URL(ドメイン)は「co.jp」です。これが楽天Goldの場合では「https://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗URL/」となり「ne.jp」となります。

この違いはとても大きく、RMSとGoldで各ページを構成する時に間違いやすくなります。間違わない為に、URLを把握しておく事が重要なのです。

 

またRMS内のURLにもいくつかの種類があります。

  • 店舗ページ:https://www.rakuten.co.jp/店舗URL/
  • 商品ページ:https://item.rakuten.co.jp/店舗URL/商品URL/
  • 画像データ:https://image.rakuten.co.jp/店舗URL/cabinet/????.jpg

 

上記の例では、それぞれのURLの「rakuten.co.jpの前の部分」が違っています。
例えば商品ページでは「item.rakuten.co.jp」となっており、画像データでは「image.rakuten.co.jp」となっています。この「item」や「image」の部分をサブドメインと言い、メインドメインである「rakuten.co.jp」に紐付いています。

この違いを理解しておくと、楽天店舗を構築する際のhtml作業でURLの間違いが無くなります。

ページURLの違い=作業効率

と理解しておきましょう。

Follow me!

UP楽天 ゴールド テンプレートの改良版が販売されました!(ヤフートリプルにも使えます!)

【UP楽天ゴール レスポンシブ テンプレート】の改良版が販売されました。これは今までの【無料版】では出来なかった【共通化】を盛り込んだ仕様になっています!

【ブロック要素】で構成されている為『ヘッダー・レフトナビ・フッター』の共通部分が簡素化されています!全てのページを変えずとも『ヘッダー』1つ、『レフトナビ』1つ、『フッター』1つを変えるだけで全てのページが共通データとして変更されます。

※またこのテンプレートは「ヤフートリプル」にも対応しています。一つのテンプレートで【楽天市場】【ヤフーショッピング】に設定できる優れものです!!